NEP|名古屋大学組込みシステム人材育成プログラム

NCES人材育成プログラム(NEP)
組込みシステムの研究者と技術者を育成します

トップページ > NEPのご紹介

NEPのご紹介

社会人組込み技術者の育成

名古屋大学 大学院情報学研究科付属組込みシステム研究センター(NCES)では,人材育成を目標のひとつに据えています.NCESが取り組む社会人教育プログラム群の総称を,NEP(NCES Education Program)と呼称します.

NEPの教育プログラムは,"公開講座"と"共同研究"から構成されます.
NEPの公開講座は,平成16~20年度に名古屋大学で実施した社会人向けの"組込みソフトウェア技術者人材養成プログラム-NEXCESS-"の成果を活用して,NCESの研究成果を追加しています.講座の内容や構成は,世の中の技術動向や組込みシステム技術者のニーズに合わせて,毎年改訂されます.

(1) 公開講座の開講

NEPでは,組込みシステム技術者やソフトウェア技術者全般を対象として,公開講座を開講しています.
NEPの公開講座は,NCESの研究成果やシーズ,ノウハウを反映した内容の多数の講座で構成されています.講座の特徴に基づいて,体系的なカリキュラムを構築しております.もちろん,それぞれの講座を単体で受講頂くことも可能です.
産業界の幅広いニーズに応えるために,初級から中級の技術者を対象とした講座も展開しております.各講座の開講日数は,1日から2日とし,人気講座は回数を増やすなど,忙しい方でも受講しやすいよう配慮しております.

公開講座については,メニューの“公開講座”のページをご覧ください.
一部の教材は,”教材の配布”のページから無償で配布しています.
また,一部の教材を”教材の販売”ページからご注文頂けます.
なお,公開講座募集のお知らせは,”メーリングリスト”のページでご登録頂いた方にメールでお知らせします.

(2) 共同研究の実施

NCESは,企業との共同研究として企業の技術者を受入,高度な研究開発人材として育成しています. 企業からNCESへ派遣された技術者は,NCESの教員や研究員から研究の指導を受けます.
この経験をとおして,派遣された技術者の研究開発力を高めて,研究成果につながる活動に従事して頂きます.
さらに,NCESでは研究コンソーシアムを結成し,高度な研究開発人材の育成にも取り組んでいます.

研究コンソーシアムは,NCESが研究テーマを設定して,複数の企業と協働で研究を進める組織です. コンソーシアムのメンバは,NCESの教員や研究員と,複数の企業から派遣された技術者で構成されます.企業と個別に実施する共同研究と異なり,複数の企業の技術者と協力して研究をすることは,企業の技術者にとって,大変に貴重な経験となります.異なる背景を持つ多くの技術者との共同研究は,多様な視点を知ることに繋がります.詳しくは,“共同研究型教育”のページをご覧ください.

ページのトップへ戻る