MBDを用いた車載組込みシステム開発の普及が進み, MBD技術者を育成する教育プログラムの提供が始まっています.そこで,それらの動きを概観する「MBDの普及動向と人材育成説明会」を開催します. この説明会では,MBD普及に向けた経済産業省の取り組みをご紹介します.その上で,広島と名古屋で実施しているMBDの教育プログラム事例(経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座認定)と,車載組込み技術者を育成する幅広い教育活動をご紹介します. 皆様の事業戦略や技術者の人材育成計画の立案にご活用下さい.

申込みは こちらから
申込期限:2020年2月24日(月)
先着順で受け付けます.定員(100名)になり次第締め切ります.

主催 車載組込みシステムフォーラム(ASIF) 名古屋大学大学院情報学研究科NCES
日時 2020年3月2日(月) 13:30 – 16:30
場所 ガスビル(今池) 7F ダイアモンドホール

   https://www.gasbldg.net/access/access_imaike.html

費用 無料
プログラム
13:00      開場
13:30 — 13:40 ご挨拶
城戸正利(ASIF教材開発部会主査 トヨタ自動車)
13:40 — 14:10 MBDの普及に向けた経済産業省の取組(仮)
西野智博(経済産業省 自動車課自動車戦略企画室)
14:10 — 14:55 広島地域におけるMBD普及活動紹介:地域一体の活動状況
安藤誠一(公益財団法人ひろしま産業振興機構・ひろしまデジタルイノベーションセンター)
14:55 — 15:10 休憩
15:10 — 15:55 制御システム開発のためのMBD
市原純一(AZAPA)
15:55 — 16:25 enPiT-Pro Embにおける車載組込みシステム技術者育成
高田広章(名古屋大学)
16:25 — 16:30 クロージング
問い合わせ先
名古屋大学情報学研究科NCES 山本雅基
E-mail: myamamoto=@=nagoya-u.jp

(=@=を@に変えてください)