名古屋大学「車載組込みシステムコース」

このページでは,名古屋大学が開講する「車載組込みシステムコース」(略称:車載組込みコース)への申込情報をご案内します.

車載組込みシステムコースでは,組込みソフトウェア開発の基礎や,カーエレクトロニクス,モデルベース開発手法,セーフティ/セキュリティ,プロジェクト管理など,車載組込みシステムの開発に必要な知識や技術を,幅広く,体系的かつ丁寧に学びます.履修生の募集は,前期と後期の2回です.

お申込み受理後に,履修計画について名古屋大学担当者から連絡いたします.

  • 「車載組込みシステムコース」へのお申込み
  • 車載組込みシステムコースの概要は次のとおりです.

    開講大学
    名古屋大学 大学院情報学研究科
    主会場
    名古屋大学(名古屋市千種区不老町)
    受講料(1人あたり)
    400,000円(税込)
    履修期間
    1年間(最長2年間)
    修了条件
    基盤科目群,先端科目群,技術展開力科目について,規定の時間数を受講した上で,合計履修時間が120時間以上であること.
    募集期間
    前期(03月下旬から05月10日木曜日09時)および後期(08月上旬から9月末を予定)
    2018年度の定員
    10名程度
    特典
    名古屋大学が開講するすべてのenPiT-Pro Emb科目を,144時間まで追加料金なしでご自由に受講いただけます.
    備考
    お申込みにあたってご理解頂きたい諸点は,「名古屋大学『車載組込みシステムコース』お申込みにあたって」のページにてご案内しています.お申込み前に,ご一読ください.

    車載組込みシステムコースは,名古屋大学大学院情報学研究科の履修証明プログラムとして認定されています.詳細は,「募集要項(PDF)」をご参照ください.お申込み時に,履修する科目を選択して,履修計画を立てていただきます.規定の時間数を履修して,合格認定を受けた場合に,名古屋大学大学院情報学研究科から履修証明書が発行されます.

    名古屋大学「車載組込みシステムコース」で受講可能な科目一覧

    「車載組込みシステムコース」では,enPiT-Pro Embで名古屋大学が開講するすべての科目に加えて,連携大学が名古屋大学に提供する科目も受講いただけます.連携大学が名古屋大学に提供する科目を名古屋大学で受講することができるのは,「車載組込みシステムコース」の履修生のみです.連携大学が名古屋大学に提供する科目は,名古屋大学での履修者に合わせて一部カスタマイズされているものもあります.
    各科目の詳細は,下の一覧からご覧ください.「車載組込みシステムコース」にお申込みになる場合,科目単位でのお申込みは不要です.このページから「車載組込みシステムコース」にお申込み後,別フォームで履修する科目を選択いただきます.

    本ページに掲載する科目一覧には,コース履修者限定の科目もあります.科目単位で受講をご検討の方は,科目紹介のページからお申込みください.

    基盤科目 (「車載組込みシステムコース」修了のためには,このカテゴリから24時間以上の履修が必要です)

    リアルタイム性保証技術

    組込みシステムのセーフティ / セキュリティ入門

    組込みプログラミング初級

    リアルタイムOSの内部構造

    マルチプロセッサ用RTOS を使ったアプリケーション開発

    マルチプロセッサ用RTOS の内部構造

    FPGA を用いたハードウェア/ ソフトウェアコ・デザイン

    技術者のための文書作成法

    メンタル面の管理技術

    技術者のための文書作成法【夜間開講】

    メンタル面の管理技術【夜間開講】

    ドキュメントレビュー

    人材育成と仕事の質を重視した管理技術

    要求仕様書と設計書の作成技術

    ソフトウェア品質・信頼性評価技術
    (広島大学提供科目)

    ソフトウェア構成管理演習
    (広島大学提供科目)

    C-プログラミング入門(ソケットプログラミング)
    (静岡大学提供科目)

    C-プログラミング入門(リファクタリング)
    (静岡大学提供科目)

    IoT環境における知的情報処理
    (愛媛大学提供科目)

       
    先端科目 (「車載組込みシステムコース」修了のためには,このカテゴリから48時間以上の履修が必要です)

    組込み/ 自動車セキュリティ初級

    組込み/ 自動車セキュリティ中級

    組込み/ 自動車システムの機能安全規格と安全分析演習

    AUTOSAR 概論

    AUTOSAR OS 仕様とTOPPERS/ATK2 の使い方

    AUTOSAR メソドロジ入門

    モデルカーを用いたAUTOSAR 開発入門

    制御システム開発のためのMBD

    自動車工学

    カーエレクトロニクス

    Automotive SPICE プロセス基礎トレーニング(管理・支援系プロセス)

    Automotive SPICE プロセス基礎トレーニング(ソフトウェアエンジニアリングプロセス)

    IoT環境における画像処理・理解技術(愛媛大学提供科目)

    分散システムとクラウド技術(南山大学提供科目)

    IoTデータ分析基盤(南山大学提供科目)

    技術展開力科目 (「車載組込みシステムコース」修了のためには,このカテゴリから12時間の履修が必要です)

    車載組込みシステムコース技術展開力実践
    【車載組込みシステムコース履修者限定】