NEP|名古屋大学組込みシステム人材育成プログラムNEP|名古屋大学組込みシステム人材育成プログラム

公開講座遠隔開講規約

このページでは,社会人教育の遠隔開講にお申込み,ご受講に先立ち,ご了承頂きたい事項を紹介します.
現在,一部の科目で,講師は名古屋大学にいますが,そこから名古屋大学東京オフィス(千代田区丸の内2-5-2三菱ビル11階)などにWeb配信しています.あるいは,講師は名古屋大学以外にいますが,そこから名古屋大学東山キャンパスなどにWeb配信しています.これらの場合,講師から離れた場所で受講される方向けの情報です.

2017年10月17日掲載
改訂履歴:2019年02月20日,03月25日

■1.講座のお申込みに関わること■

  1. 科目シラバスに遠隔地での最小催行人数が設定されている場合は,受講申込締切日までに最小催行人数に達しなければ,遠隔開講を取りやめます.

■2.受講料に関わること■

  1. 受講料金額は,会場に関わらず,名古屋大学会場と同額とします.

■3.テキスト■

  1. 遠隔開講を受講される方には,お申込み時に記入頂く宛先に,テキストを事前送付する場合がございます.その場合は,必ず事前にメールにて発送の旨通知いたします.

■4.開講形態に関わること■

  1. 遠隔開講での受講は,講師が講義を行う会場からのWeb中継で受講します.Web越しの受講に伴う制約があることをご了解下さい.
  2. 講師が使用しているPCの画面を遠隔会場のスクリーンに映写します.
  3. 講師が黒板やホワイトボードを使用した場合は,可能な限り黒板やホワイトボードの内容を映写します.
  4. 講師が講義を行う会場と,音声通話が可能です.講師の指示に従い,遠隔地の会場から講師への質疑ができます.
  5. 当日,不測の事態によって通信が一時的に不安定になる可能性もございます.

■5.遠隔開講実施に関わること■

  1. 遠隔開講の開講については,公開講座の開講規約に準拠します.
  2. 講師がいる会場での開講が取りやめとなった場合,遠隔開講の開講も取りやめとします.
  3. 講師がいる会場での開講が取りやめとなった場合には,受講者のご都合を確認した上で日程を再調整して,原則として同年度内に,改めて開講します.ご都合がつかない場合は,お支払い頂いた受講料を全額返金します.
  4. 通信環境の不具合などにより,長時間にわたり講師がいる会場との通信が断絶して受講に適さないと判断した場合は,遠隔地での受講を中止して,お支払い頂いた受講料を返金します.

ページのトップへ戻る