NEP|名古屋大学組込みシステム人材育成プログラムNEP|名古屋大学組込みシステム人材育成プログラム

公開講座開講規約

このページでは,NCESが提供する社会人教育のお申込み,ご受講に先立ち,ご了承頂きたい事項を紹介します.

2017年02月09日掲載
改訂履歴: 2017年07月07日,07月21日
2019年2月20日,3月13,18日,4月16日

■1.講座のお申込みに関わること■

  1. 受講者募集を通常は開講日の1~2カ月ほど前に開始します.
  2. 複数日にわたり開講する講座は,同一受講者が続けて受講してください.
  3. お申込みはWeb上のお申込みフォームにて受付けております.
  4. 受講料のお支払い方法は,振込みをお願いしています.
  5. 名古屋大学から請求書として納入依頼書(兼領収書)をお送りします.
    納入依頼書は原則として,開講日30日ほど前から発送します.開講前日までの振込にご協力ください.
    同じ会社から同じ開講日の同じ科目を受講する時に,まとめて支払いたい場合は,ご連絡先とまとめて支払いたい受講者のお名前一覧を,申込時「備考・連絡事項」の欄にご記入頂くか,nep@nces.i.nagoya-u.ac.jp(@を半角に変えて下さい)までご連絡下さい.名古屋大学から一括請求させていただきます.
    振込みが開講前日までに間に合わない可能性がある場合は,お申し込みフォームの連絡事項欄にその旨をご記入下さい.
  6. 公開講座お申込みに伴い提供頂く個人情報の取扱については,"プライバシーポリシー"に則るものとします.
  7. 公開講座当日の受講者層のニーズに合わせた柔軟な進行の資料として,当日担当の講師に,受講される方々のお名前とご所属を記載した受講者名簿を渡します.

■2.お申込みのキャンセルに関わること■

  1. 受講のお申込みを取り消される場合には,お申込み受付時にお送りするメールに記載の手順で遅延なく手続きをお願いいたします.
  2. キャンセルのご連絡より先に,本学から納入依頼書が発送されている場合,納入依頼書の返送が必要になります.納入依頼書は破棄されないようお願いいたします.
  3. 開講日2週間よりも前のお申込みキャンセルについては,別日程での受講が難しく,受講料を既にお支払頂いている場合,お支払頂いた受講料を全額払い戻します.
  4. 申込み取り消し期間(開講日2週間前)が経過後は,お申込みのキャンセルをお受けいたしかねます.受講料をお支払いいただきます.代理の方のご出席を受付けます.nep@nces.i.nagoya-u.ac.jp(@を半角に変えて下さい)までご連絡下さい.欠席につきましては,返金や振替受講のご依頼を承りかねます.

■3.募集開始前後の講座情報変更に関わること■

  1. 名古屋大学業務都合による会場変更が生じます.その場合は,変更確定時点で当該講座にお申込み済みの皆さまに,メールにて連絡いたします.また,Webの情報も更新いたします.
  2. 担当講師の都合(業務・病気など)や講座の見直しなどによる講師変更や講座のキャンセルが生じる場合がございます.変更確定時点で当該講座にお申込み済みの皆さまに,メールで連絡いたします.また,Webの情報も更新いたします.

■4.講座の開講に関わること■

    NCESは,次の場合に公開講座の開講を中止するとともに,お申し込み頂いた皆さまへメールなどにて連絡いたします.
    お申し込み頂いた皆さまのご都合を確認した上で日程を再調整して,原則として同年度内に,改めて開講します.
    ご都合がつかない場合は,お支払い頂いた受講料を全額返金します.
  1. 開講の2時間前の時点で,台風に伴い愛知県西部または尾張東部に"暴風警報"が発令されている,または名古屋市に"特別警報"が発令されている,または"東海地震注意情報"が発表されている場合.
  2. 開講日に,新型インフルエンザや気象警報,災害警報などの事由により,名古屋大学あるいは名古屋大学 大学院情報学研究科が休講(一時的休講を含む)を決定している場合.
  3. 新型インフルエンザなどの事由により,予定の講師が講義をできなくなり,かつ代替講師を用意できない場合.
  4. 開講日に,気象条件やその他不可抗力要因によって当日の公開講座開講の中止を決定した場合.

■5.その他■

  1. 講座毎に理解度を測定するテストを実施する場合があります.
  2. 原則としてすべての講座終了後に,簡単な受講者アンケートへのご協力をお願いします.
    受講者アンケートは,受講者の皆さまからのフィードバックを元に,公開講座の内容改良の資料となる情報を収集することを目的としております.
    また,回答者の特定ができないよう処理した上で,受講者アンケートの結果や分析結果を,学会,研究会,学内外の報告書などで発表することがあります.
  3. 実施報告や講座の改良やeLearningコンテンツの作成を目的として,撮影や録音することがあります.
    その際,皆さまの姿や声が記録されることがあります.個人が特定できないよう処理した上で,各種報告資料やPR資料として使用することがあります.ご了承願います.
  4. 受講者による講義の録音や撮影は,原則ご遠慮下さい.
  5. 遠隔開講の規約については,公開講座遠隔開講規約をご覧ください.
ページのトップへ戻る