NEP|名古屋大学組込みシステム人材育成プログラム

NCES人材育成プログラム(NEP)
組込みシステムの研究者と技術者を育成します

トップページ > 公開講座 > 公開講座一覧/スケジュール > メンタル面の管理技術

メンタル面の管理技術(3回目)

application
開講日 2017年08月29日(火曜日)
開講時間 09時30分から17時00分
(09時00分開場,集合時刻09時15分)
受講申込締切り 2017年08月23日(水曜日)09時
受講料 2万円(税込)
定員(先着順) 30名
会場 名古屋大学 IB電子情報館南棟285講義室(アクセス
講師 海上智昭(名古屋大学)
講師は都合により変更する場合があります
講座概要

めまぐるしく進歩する技術に対応しながら,新しい価値観を世に送り出す専門職で活躍するためには,強い精神力と忍耐力が必要となります.人間が働く以上,精神論だけでは真に幸せに働くことも,仕事を回すことも難しいでしょう.ましてや,技術や価値を生み出すことは,精神論に依存していては難しいものがあるのではないでしょうか.人材を育成したり,自らの成長を管理するという課題について考えたりした場合,これらの問題は更に現実味を帯びてきます.

たとえば,過度のストレスによって一人の構成員が職務遂行困難に陥ってしまうと,組織として様々なリスクにつながることもあるでしょう.また,素晴らしいポテンシャルを持つ技術者の可能性を引き伸ばすことも,当然ながらできなくなってしまいます.ただし,仕事をする上でストレスを感じることは,いわば当たり前の話です.そこで,ストレスが排斥されたユートピアを目指すのではなく,上手な付き合い方や管理方法を学ぶことが,おそらくはもっとも現実的な解決策であるといえます.

従来,このような内容は,精神疾患やメンタルヘルスといった,問題要素の理解に焦点を当てたアプローチが主流でした.本講座では,特に後半部分で,幸福感や仕事の愉しさといった明るい視点から,組織の他のメンバと価値観や情報を共有するための,自己管理法や組織管理法について学びます.

本講座は,管理者と担当者の双方に有効です.

実習機材 特になし
到達目標 ・ソフトウェア技術者育成の改善点を挙げることができる
・部下や組織構成員の幸せを実現するための管理方法について理解する
・具体的な自己管理,組織管理手法を学ぶ
対象者 ソフトウェア開発管理の業務に従事されている方
前提条件 特になし
講義計画 第1時限
技術職のストレスやうつ傾向の特徴
第2時限
リーダーシップとコミュニケーション
第3時限
ポジティブな人材育成と組織管理
第4時限
幸せに働くための管理技法
これまでに受講された方々の声
  • リーダーとなる上でどういうリーダーになっていくべきかを体系立てて学べてよかった.また,講師の経験,考えが聞けて良かった.
  • 状況に応じたリーダーシップの取り方を学ぶことができたので,現在担当している各プロジェクトに対して適切な対応ができるように学んだ事を生かしていきたい.
  • リーダーのあり方の理論を知ることができた.
  • メンタル面で辛くなった時の自己管理や,将来自分がリーダーになった時のメンタル面のマネジメント技術に適用できると考えられる.
  • 自分の行なってきた管理が原因で,問題が発生したケースも多いだろうと思った.
  • リーダーシップの類の研修は過去にも数件受けたことがあるが,この講座は行動科学的な知見も含まれており勉強になり大変楽しかった.
  • 人と話していく,接していく上で相手の立場にたった言動をしようと思った.各リーダー論を意識して仕事を進めていこうと思う.
備考 募集期間に関わらず,受講のための名古屋大学からの諸手続き,連絡は,開講日1月前から開始します.それ以前に,開講手続きや,受講料の期間前納入のご相談には応じ兼ねます.ご了承ください.
お申込みや開講に関わる諸条件は,公開講座開講規約のページをご覧ください.
ページのトップへ戻る