NEP|名古屋大学組込みシステム人材育成プログラム

NCES人材育成プログラム(NEP)
組込みシステムの研究者と技術者を育成します

トップページ > 公開講座 > セキュリティ講座のご紹介

セキュリティと安全についての講座

このページでは,NEPの講座の内,セキュリティ,セーフティ,機能安全に関係する人気の講座についてご案内します.

■セキュアなソフトウェア開発のための講座群■
広くは家電や,自動車,航空機に至るまで様々な製品に搭載される組込みソフトウェアの複雑化が進み,セキュリティや安全性を保証することが更に大きな責務となっています.
大規模で複雑なソフトウェアについて,セキュリティや安全性をどのように考えて,いかに設計,実装,検証するのかについてを体系的に学んでいただくことができる講座です.ご自身の,あるいは育成対象者の知識水準に合わせて,ご受講ください.

■入門からしっかりと体系的に学ぶ■
セキュリティや機能安全につきましては,2017年度,より入門レベルの学習を可能とする講座"組込みシステムのセーフティ/セキュリティ入門"を新設開講いたします

詳細は決定次第,講座の概要ページにてご案内いたします.この講座は,"組込み/自動車セキュリティ初級"の内容を,更に基礎的なところから体系的に整理したい方や,初級講座を受講する前に,丁寧に知識体系の整理を行いたい方,体系的に学びたい(学んでほしい)方に最適です.また,機能安全の入門として,"組込み/自動車システムの機能安全規格と安全分析演習"を受講頂く前後にも,最適な講座です.ぜひ,ご受講ください.

■セキュリティ初級講座■
NEPでは2017年度も,組込みシステムや自動車のセキュリティを扱う初級講座"組込み/自動車セキュリティ初級"を開講いたします.

"組込み/自動車セキュリティ初級"講座は,講座名に初級ということばを含みますが,初級から中級レベルの受講者を想定しています.
これからソフトウェアのセキュリティ担当になる方,あるいは,既に担当されているものの,いまいちセキュリティについて体系的に捉えることが難しいと考えられている方に最適な内容となるよう,構成しています.

この講座では,近年注目されている"セキュリティ"を体系的に,名古屋大学で関連領域を専門とする2人の研究者から,理論立てて学んで頂くことができます.まず,各用語や概念の説明からはじめ,日頃何気なく見聞きしている"セキュリティ"についての基礎的な知識を揃えます.多くの書物が出版されるようになっていますが,この講座を受講頂くことで,要点を整理した説明を受けて頂くことができます.
また,セキュリティについてはある程度かそれ以上に理解されている方々からも,この講座では,自動車/組込みセキュリティの研究開発をしている講師によって,近年の国内外事情や動向について,事例を交えながらのご紹介は好評を頂いております.セキュリティについて自社で育成や教育をする必要を感じられている皆さまからも,この講座で扱う内容についてご好評を頂いております.

■セキュリティ中級講座■
"組込み/自動車セキュリティ初級講座"での知識を前提として,発展的な内容を学習いただける中級講座を,2017年度下期(2月)に新設開講します

"組込み/自動車セキュリティ中級"講座は,2016年度にご好評いただきました,"組込み/自動車セキュリティの初級"講座の内容を発展させます.実務ご担当や,セキュリティの基礎的な部分を理解されている皆さまにも新しい気付きや発見をお持ち帰り頂くことができるよう,2017年度下期開講に向けて準備中です.決定次第,講座の概要ページにてご案内いたします.
また,開講のご案内をメーリングリストにて配信いたしますので,ご登録頂けていない方は,ぜひご登録ください.

■機能安全講座■
NEPでは,2016年度までソフトウェアの機能安全についての講座"組込みソフトウェア技術者のための機能安全"を実施してまりいました.2017年度は,同講座の内容を改編して,演習時間や技術相談の時間も多く取った講座"組込み/自動車システムの機能安全規格と安全分析演習"として実施します.これまで同様に,機能安全について,名古屋大学で体系的に学んで頂けます.

組込み/自動車システムの機能安全規格と安全分析演習"の対象者は,入門(初級)から中級レベルの皆さまを想定しています.2日間の講座で,機能安全の概要,機能安全認証,特にソフトウェア開発における機能安全の特徴について学び,演習をとおして機能安全の考え方や検証,安全分析を体験的に学んで頂くことができます.また,実務的な質疑にも応じる時間も設けます.日頃の業務での疑問,関心や,今更聞きにくい事柄をお持ち寄りの上,ご参加ください.既に実務で担当されている方も,日頃の疑問を解消する機会として,あるいは,改めて基礎から体系的に知識を整理する機会として,ぜひご受講ください.

ページのトップへ戻る