NEP|名古屋大学組込みシステム人材育成プログラムNEP|名古屋大学組込みシステム人材育成プログラム

NCES人材育成プログラム(NEP)
組込みシステムの研究者と技術者を育成します

トップページ > 公開講座 > 公開講座一覧/スケジュール >制御システム開発のためのMBD(2回目)

制御システム開発のためのMBD(2回目)

application
この科目は,enPiT-Pro Embの履修者および関係者からの申込みが多く,一般募集枠が無くなる可能性があります.
2018年度下期の一般募集はありません.
開講日 2019年02月04日(月曜日)から08日(金曜日)までの5日間
開講時間 09時30分から17時00分
(09時00分開場,集合時刻09時15分)
受講申込期間 2018年度下期開講分のenPiT-Pro Emb以外の受講者募集はありません.
受講料 125,000円(税込)
enPiT-Pro Embの「名古屋大学車載組込みシステムコース」の履修者は,コース受講料に含まれますので科目単位では請求しません.
定員(先着順) 20名
会場 名古屋大学 ナショナル・イノベーション・コンプレックス(NIC)館2階会議室(アクセス
講師 市原純一(AZAPA)他
講師は都合により変更する場合があります
FAQ enPiT-Pro Embで広島大学が提供する科目(モデルベース開発プロセス)と本科目の相違
(クリックで,相違を紹介するページに移動します)
講座概要 自動車には複数の制御ECUが搭載されており,モデルベース開発の手法により開発するECUが増加している.この科目では,自動車産業で実用化されているモデルベース開発の方法を学び,モデルベース開発の業務を行うための必要なスキル獲得を目指す.
自動車業界のモデルベース開発では,制御工学とソフトウェア開発という異なる種類の知識が必要になる.そこで,この科目では,両者の基礎知識を学ぶと共に,業務遂行に必要とされるスキルを獲得するために,演習を実施する.教材のロボットを制御する演習では,MATLAB/Simulinkを用いた制御モデルの作成と,プログラムのソースコード生成をした結果をロボットに実装してリアルタイムに動作させる内容が含まれる.
この科目は,モデルベース開発の業務を行う,制御技術者,ソフトウェア技術者,およびその管理者に適している.
実習機材 当日は受講者用PCを用意します.
到達目標 ・自動車の制御システムの制御設計からソフト実装までをシームレスにモデルベース開発できる人材を目指す
対象者 ・自動車の制御システム開発に関与する制御技術者,ソフトウェア技術者,またはそれらの開発管理者
前提条件 ・MATLAB/Simulinkの基本操作ができること
・制御設計もしくはソフトウェア設計の経験があること
講義計画 1日目:モデルベース概論
【内容】
・モデルベース開発の概要
・システムアーキテクチャ
・制御工学基礎
【到達目標】
・モデルベース開発のプロセスを理解する
・制御工学の基礎知識を獲得する
2日目:台車制御設計
【内容】
・制御対象モデリング
・台車制御設計
【到達目標】・台車制御のモデル設計ができる
・MILSができる
・RCPができる
3日目:倒立制御設計
【内容】
・倒立二輪ロボットのモデリング
・倒立制御設計
【到達目標】
・倒立二輪制御のモデル設計ができる
・倒立する極の値を求めることができる
4日目:ソフトウェア設計・実装
【内容】
・MBDにおけるソフトウェアアーキテクチャ設計
・MBDにおけるソフトウェアコンポーネント設計
・実機へのソフトウェア実装
【到達目標】
・MBDにおけるソフトウェア設計と実装ができる
5日目:実機評価・まとめ
【内容】
・倒立二輪ロボットの実機評価
・経産省ガイドライン
・確認テスト
【到達目標】
・実機評価ができる
・自動車開発におけるMBDにおけるモデルのガイドラインを理解する

(教材や進捗の都合で,実施日が異なる可能性があります)

enPiT-Pro Emb車載組込みコース履修者向け評価方法 enPiT-Pro Embの「名古屋大学車載組込みシステムコース」履修者がこの科目を受講した場合の評価方法は次のとおりです(同コース履修者のみ).
・理解度テスト60点以上
・全時間数を出席していること,出席時間が必要条件に満たない場合は受講認定しない
これまでに受講された方々の声 2018年度新規開講科目です
備考
  • この講座では,次のテキストを使用します.
    ・「制御システム開発のためのMBD」トヨタ自動車,アイシン精機,デンソー,名古屋大学(2018)
    ・「倒立振子で学ぶ制御工学」,川田昌克編,森北出版,2017
    テキストは当日配布します.テキストの代金は受講料に含みます.
  • 科目名の後に開講回数(x回目)の記載のある科目については,何回目を受けて頂いても内容は基本的に同じです(同一名の夜間開講についても同様です).改良を目的とするマイナ改訂や,受講者の希望に応じた講義展開のため,場合によっては完全に同一の内容とならない可能性もございますが,到達目標や,扱う内容は同一です.
  • 募集期間に関わらず,受講のための名古屋大学からの諸手続き,連絡は,開講日1月前から開始します.それ以前に,開講手続きや,受講料の期間前納入のご相談には応じ兼ねます.ご了承ください.
  • お申込みや開講に関わる諸条件は,公開講座開講規約のページをご覧ください.
  • 修了時アンケート調査と、修了1年経過時のフォローアップ調査を実施.
  • enPiT-Pro Emb向けの文部科学省BP要件該当授業時間数(実務家教員)情報:この科目は30時間です.
ページのトップへ戻る