NEP|名古屋大学組込みシステム人材育成プログラム

NCES人材育成プログラム(NEP)
組込みシステムの研究者と技術者を育成します

トップページ > 公開講座 > 公開講座一覧/スケジュール > AUTOSAR概論

AUTOSAR概論

application
開講日 2017年08月01日(火曜日)
開講時間 09時30分から17時00分
(09時00分開場,集合時刻09時15分)
受講申込締切り 2017年07月26日(水曜日)09時
受講料 2万円(税込)
定員(先着順) 50名
会場 名古屋大学 ナショナル・イノベーション・コンプレックス(NIC)館3階会議室(アクセス
講師 浅野友宏(富士ソフト株式会社)
講師は都合により変更する場合があります
講座概要

AUTOSARは,車載ハードウェアの違いを吸収し,車載アプリケーションソフトウェアの部品化と流通を促進するために,基本ソフトウェア(BSW)とランタイム環境(RTE)の仕様を定義しています.現在,それらの仕様に 準拠したソフトウェア実装が,各社から段階的に提供されつつあります.今後,AUTOSARに対応したアプリケーションソフトウェアの開発が進むと,プログラムの部品化が進み,モデルベース開発が主流になり,アプリケーション開発者は,OSや通信プロトコルを意識する必要が無くなると期待されています.

本講座では,AUTOSARアーキテクチャの全体像や,AUTOSARを構成する代表的なコンポーネントである,RTE,OS,COMを中心に,AUTOSARを用いた車載アプリケーションソフトウェアの開発手法について解説します.

本講座は,平成24年度に実施した"OSにフォーカスしたAUTOSAR概論"の内容を拡張し,より多くの方々にAUTOSARについて理解頂きやすいよう,再編成したものです.

実習機材 特になし
到達目標 ・AUTOSARの概要を理解する
・AUTOSARのRTE, OS, COMの概要を理解する
対象者 以下の(1)(2)の条件がOR条件の方
(1)車載アプリケーションソフトウェアの開発に従事している,もしくは従事する予定の方
(2)AUTOSARに興味のある方
前提条件 ・C言語の知識があること
講義計画 1.車載組込みシステム開発の課題とAUTOSAR
2.AUTOSARの概要
3.SW-C(ソフトウェアコンポーネント)とVFB(バーチャルファンクショナルバス)
4.RTE
5.OS
6.COM
7.AUTOSARメソドロジに従った車載アプリケーションソフトウェア開発
8.モデルカーを題材にしたAUTOSARソフトウェア開発事例
これまでに受講された方々の声
  • AUTOSARの概要が良くまとめられていて,全体を把握することができました.
  • AUTOSARの考え方で作成されたソフトの修正をやっているが,RTEがどの情報がわからなかったので開発で苦労していた.今回,AUTOSARの中身がある程度理解がすすめ,開発にも役立つと思う.
  • 現場でAUTOSARを適用したソフトの開発評価を行っているがAUTOSARのBSWについては,ブラックボックスでやってきたため苦労が多かったが,考え方と構成について理解することができたため,業務を円滑に進められると思われる.
  • RTE,OSに関しての知識はほとんどなかったため,本日の受講内容が役に立つと考える.また,Comに関しても整理できて良かった.
  • AUTOSARを使ってアプリケーションを開発する場合,基本的なプログラミングの方法が理解できました.
  • 業務においてAUTOSARを使用しているが,設計に活用できていなかった.システム設計から行うことで,有効活用したい.
  • なんとなく理解していたAUTOSARが本講座により,理解が深まった.あとは実務での応用が必要と感じている.
  • AUTOSAR仕様書のみでは理解できなかった内容が多く含まれていた.
  • アプリ側の知識はあったが,BSW側の知識が不足していたので,その欠点をある程度解消できたと思います.
  • AUTOSARを利用した実装例の紹介があり,かなりイメージすることができた.
  • 海外の自動車メーカーではAUTOSARが主流になりつつあると聞いて,その動向, そもそもAUTOSARとは何なのかが知りたくて受講した.普段の業務ではT-kernel を使用してPFを構築しているが,違いが良く分かった.最後に実装コードを見せて頂いたことで,理解しやすかった.
  • AUTOSARの概念だけでなく,実践的な内容もあり,能力向上するための知識を得ることができた.
備考 本講座を受講いただいた後,AUTOSAR OS仕様とTOPPERS/ATK2の使い方のご受講がおすすめです.また,リアルタイムOSについて本講座では概要のみの紹介ですが,本講座の内容をより体系的に理解する上で,リアルタイムOSの内部構造およびリアルタイム性保証技術のご受講がおすすめです.
募集期間に関わらず,受講のための名古屋大学からの諸手続き,連絡は,開講日1月前から開始します.それ以前に,開講手続きや,受講料の期間前納入のご相談には応じ兼ねます.ご了承ください.
お申込みや開講に関わる諸条件は,公開講座開講規約のページをご覧ください.
ページのトップへ戻る